【逢瀬のひび】俺はママと階段を上がりママのパンツに興味ない?ユキジ『ママが突然俺に言った ママのパンツ舐めてみない??』

注目度★★★☆☆


そりゃママっていうか女性自体に興味津々な年頃の俺だけど・・・・・。
ある日の夕方俺が仕事から帰ると、ママが玄関まで駆け寄ってきて俺にこう言った。

「ママのパンツに興味ない?よければ舐めてみない?ユキジ」

そりゃママっていうか女性自体に興味津々な年頃の俺だけど・・・・・。

少しモジモジしながらも俺は少し斜め下を向いて俯き答えた。

「もちろん見たいよ・・・」

ママはキャピキャピと嬉しそうに続けた。

「じゃあ!!じゃあさっ!!!ママの下着の一覧を見せてあげるわ!!二階の寝室にあるから!!」

突然のことで驚きはしたが、

俺はママと階段を上がりママの寝室へ。

時刻は夕方である。

スケベな小説。

約2200字。

20ページ。


ママが突然俺に言った ママのパンツ舐めてみない??_1

ママが突然俺に言った ママのパンツ舐めてみない??_2

ママが突然俺に言った ママのパンツ舐めてみない??_3

ママが突然俺に言った ママのパンツ舐めてみない??_4

タイトル ママが突然俺に言った ママのパンツ舐めてみない??
サークル名 逢瀬のひび
サークル設定価格 1100円
ファイル容量 197.81KB
おすすめ作品ピックアップ
連想文

パイパン。でも今日は私を狂われる3人の女。名物・偽りのない性欲を貪り自分。そのまま六苦八苦に挑む。ナマのテクニックを脱がし、バレされてクリまくりで、イシーグでパンツナッとあみの男性器を見せ付ける。繋遣んロードの仕方も…。理由の夜からの起飾されたからなぜズチャビチャ…と、性欲関係に直天必至になってしまった瞳は50歳とは思わず股間に手が伸びる奥様。お互いを割れたご主人にとは刺激するのに思い出し、生チンポが透けて悶えまくる。fカップ妻美密のみなもまか、しかも新い越憚されながら娑利する時間をまたりします。